HOME>腫瘍・がん

腫瘍・がん

犬の腫瘍・がん
精巣腫瘍リンパ腫
脂肪腫乳腺腫瘍
肥満細胞腫皮膚組織球腫
黒色腫骨肉腫
皮脂腺腫口腔の腫瘍
腹部の腫瘍
精巣腫瘍
症状と原因
精巣は、男性ホルモンを分泌して体格や性格を雄らしくしたり、精子を作ったりする雄特有の臓器ですが、その部位に腫瘍が発症してしまう病気です。
精巣(睾丸)の腫瘍は、人間よりも犬の方が発生率が多くみられます。腫瘍細胞の増殖によって精巣がふくれあがることもあります。

症状に痛みなどはありません。実際に犬の精巣部分を触ってみた時に片側より明らかに大きいなどの理由で発見します。
脱毛や前立腺が腫れることがありますので、オスなのに乳腺がはってきたりした時などもこの病気が考えられます。
約5~20%の割合で悪性になってしまいます。

治療の方法
通常良性であり、去勢で治癒します。
全身の脱毛がひどいケースでは、それがなくなって落ち着くまでに約週1回の間隔で男性ホルモン薬を投与することもあります。

腫瘍は放っておくと徐々に大きくなっていくので、なるべく早いうちに摘出した方がいいでしょう。中高年で起きる事もあり、腫瘍が大きくなって高齢になってからではそれだけリスクが高く生命の危険と重なってきます。
若い頃に去勢手術をしておくことにより、発症を防ぐことができます。

お問い合わせはこちら
リンパ腫
症状と原因
リンパ腫とは犬、猫ともに最もよく見られる造血系腫瘍です。骨髄中でリンパ球がガン化してしまうと、腫瘍性リンパ球が増殖するため、他の血液細胞の増殖を抑制し「リンパ球性白血病」の状態になります。リンパ腫は骨髄ではなく、リンパ組織がガン化するので、リンパ組織のある所なら何処でも発生します。

犬では体中のリンパ節が腫れる「多中心型リンパ腫」が一番多くみられます。そのほか胸の中のリンパ節が腫れて、胸の中に水が溜まる「縦隔型(胸腺型)リンパ腫」や腸管のリンパ組織がガン化する「消化器型リンパ腫」などもあります。

治療の方法
患部のリンパ節を手術で切除します。体の小さな犬では、化学療法によって治療する場合もあります。

がん細胞のなかでも、とくにリンパ腫およびリンパ肉腫には、炭水化物で異常増殖する細胞があるというデータがあります。
よって、炭水化物を豊富に含む食事を避け、かわりに高脂肪の食事を勧める場合もあります。
この種の食事は味もよく、高エネルギーです。高脂肪の食事を長期間与えることによって、脂肪を自身のエネルギーに利用できなくなったがん細胞は、死滅する可能性があります。

早期発見
たまにあごの下、わきの下、またのつけ根、ひざの後ろのリンパ節を触ってください。熱もなく、感染症でもないのに2箇所以上のリンパ節が腫れてきたらガンの可能性があるのですぐに獣医師の診断を受けてください。

お問い合わせはこちら
脂肪腫
症状と原因
犬の脂肪腫の多くは皮下に発生します。
筋肉の間や場合により体腔内に見つかる時もあります。脂肪腫は皮下脂肪や筋肉の中にある脂肪組織が、増殖して大きな脂肪の塊になったものです。一般的に、脂肪腫は良性・脂肪肉腫は悪性という区分がされています。

主に、体表面や四肢にできやすいもので、高齢犬に多く発生します。触る事で脂肪の塊が確認できます。
ですが、良性の脂肪腫であるのか悪性の脂肪肉腫であるのかは、検査を行わないと分からないので、必ず検査をしてもらいましょう。

治療の方法
脂肪腫は基本的に良性の腫瘍なので、絶対に手術をしなくてはいけないということはありません。脂肪腫が動きを妨げて急速に大きくなり歩行困難になるという場合には手術をします。
残念ながら、予防法は確立されていません。

お問い合わせはこちら
乳腺腫瘍
症状と原因
乳腺腫瘍とは、雌の乳房、またはその付近の皮下に様々な大きさのしこりが発生する病気で、犬には比較的多い病気の1つです。
発情を繰り返した未避妊の高齢犬ほど発生率が高くなることから、卵巣ホルモンとの関係が考えられます。

腫瘍の腫大化や複数の乳房への転移によって気づくのが通例で、腫瘍が自潰して化膿すると悪臭を放ち、また他臓器(特に肺が多い)への転移は死を招くことに繋がります。

良性と悪性の割合はほぼ半々で、最終的には病理組織検査によって判別がなされます。

治療の方法
治療は良性・悪性を問わず外科的療法が主で、他に放射線療法やホルモン療法なども試みられていますが、常に再発や転移の危険が伴うことを忘れてはなりません。
予防には早期の避妊手術が最も有効です。

早期発見
早期発見は簡単です。5歳以上の犬を飼っている場合には、月に1回、お腹をなでるついでに乳腺をやさしくつまんで、しこりの有無を確認してください。

なお、1歳前後で避妊手術を受ける事により、乳腺腫瘍になる確率は大幅に減ります。
早期の避妊手術が最大の予防法ということになります。ただし、2歳半以後に避妊手術を受けても、乳腺腫瘍の予防効果は低いといわれています。

お問い合わせはこちら
肥満細胞腫
症状と原因
肥満細胞腫とは、肥満細胞が腫瘍になったもので、高齢期の犬に発症しやすい病気です。脾臓や腸管などに大きな腫瘍ができれば、胃潰瘍になったり出血によって貧血状態に陥る時があります。

ボクサーやブルドッグが発症しやすく、四肢・会陰部・頭部・首などに発生します。

治療の方法
肥満細胞腫と考えられる症状がでたら、血液検査・組織検査・およびレントゲン検査などによって詳しく診断します。

腫瘍の部分を手術で切除する治療が一般的ですが、四肢や頭部に腫瘍を発見した場合、切除するのが難しくなります。腫瘍の境界が不透明なら外科手術のみでなく、化学療法や切除した腫瘍周辺の組織への放射線治療を併用するのが必要です。

体のあらゆる箇所に同時多発的に発症や転移を起こしていたなら、外科手術や放射線治療も効果がでにくいので、抗がん剤およびステロイド剤などを投与する化学療法がメインとなってしまいます。

お問い合わせはこちら
皮膚組織球腫
症状と原因
犬の皮膚組織球腫は、主に1、2才の若い犬に見られる良性の腫瘍です。また、雑種犬よりも純血種犬の方が発生率が高いです。
犬特有の皮膚の腫瘍になり、他の動物では認められません。

耳が最も発症する部位ですが、四肢・首・頭などにも出現します。大多数は、1~2cmで、単発性です。

治療の方法
この腫瘍の特徴は自然に消失してしまうことです。
しかしあまりににも大きい場合や、部位によっては手術によって切除します。
多発性もまれに報告されていますが、その場合も大体が治療しなくても約8~12週間で消失します。

お問い合わせはこちら
黒色腫(メラノーマ)
症状と原因
黒色腫(メラノーマ)は良性と悪性で分かれています。黒色腫はその名の通り、基本的に腫瘍の色が茶色から緑黒色ですが,中には色素のないものもあります。色素の濃さは必ずしも悪性の強さを表しているわけではありません。
一般的に黒色腫は口腔内・眼球・皮膚・指等にみられます。口腔や指に生じるものは悪性がほとんどです。

皮膚の黒色腫は、犬の皮膚腫瘍の中では比較的少なく、黒い犬、老犬に多い傾向があります。
メスよりもオスの発症が多く、平均発生年齢は9~11歳です。

治療の方法
一般的な治療法としては、周囲組織を含めて切除します。
がん細胞を確実に破滅させるため、切除後に放射線療法を行うこともあります。
通常は切除することで治癒しますが、口腔内や爪床(爪のつけね)に発生するものは非常に悪性で、発見したときにはリンパ節転移がすでに起こっていて手遅れということもある怖い病気です。

お問い合わせはこちら
骨肉腫
症状と原因
骨肉腫とは、骨にできる腫瘍のひとつで、完治の難しい悪性腫瘍です。7、8歳ぐらいの大型犬が特になりやすく、発症した場合、肺に転移して悪性腫瘍が増え、急速に悪化していきます。
症状としては、足を引きずる行動がみられ、患部を触ると激しく痛がります。
原因は、はっきりと分かっていないものの、過去に骨折したことがある犬や、体重が重い大型犬がよく発症するため、骨に対する負担が原因ではないかと言われています。
大型犬の発症は、中・小型犬の8倍といわれています。

約75%は四肢に発生し、残りがその他の骨格(下顎・上顎・脊椎・頭蓋骨・肋骨・鼻腔・骨盤等)に認められます。
初期段階で放置すれば、すぐに肺に転移し、1年もたたないうちに生命の危険があります。

治療の方法
もっともよく行われる治療法は、再発と転移を防ぐ為に、腫瘍ができた骨の上位にある関節部からの外科的手術による切断です。
手術の他、抗がん剤の投与などが行われます。
予防には骨を支える筋肉を適度な運動で発達させることや肥満にならない為の食事管理が大切です。

お問い合わせはこちら
皮脂腺腫
症状と原因
皮膚の中や限の周囲にできる腺腫は、油脂を分泌する皮脂腺から発症するため皮脂腺腫と言われます。
皮脂腺は、皮膚の毛根部分にあって、体表の脂を出す部位です。そこの出口がつまってしまって、中で化膿を起こしたり、しこりになってしまったものが皮脂腺腫です。老犬に多い疾患で、良性の腫瘍です。

小さな腫瘤が多発するケースがあります。皮膚の腫瘤以外の症状は少ないものの、まれに二次的な炎症・感染を誘発する事もあります。
犬の皮膚の腫瘍のうちの約5~35%ぐらいを占めています。

治療の方法
転移はまれですが、局所再発は多いため、広範な外科的切除が有効な治療です。治療は手術によって切除します。
再発は特にありませんが、多発することが多いので別の部位に新しい腫瘍ができることがあります。


お問い合わせはこちら
口腔の腫瘍
症状と原因
口腔の腫瘍は、歯茎や舌、口の粘膜などにできる腫瘍です。しこりの他に、口臭やよだれの増加、口からの出血といった症状がおこります。
良性の腫瘍にはエプリス、乳頭腫、骨腫などがあり、悪性の腫瘍には悪性黒色腫、扁平上皮癌、線維肉腫などがあります。

遺伝的なものや、日常の生活習慣、口腔内の不衛生が原因のひとつとされています。

治療の方法
ガンの場合にはしこりだけをとっても治りません。命を救うためにはアゴの骨もふくめてガンを切除します。
その後抗がん剤などの治療も続けます。

お問い合わせはこちら
腹部の腫瘍
症状と原因
腹部の腫瘍は、消化器や泌尿器などの体の中の臓器にできる腫瘍です。症状が現れにくいため、発見が難しく、気づいた時には手遅れになっていることもあります。平滑筋腫を除くと、悪性であることが多いです。

症状は腫瘍のある場所によって多少異なりますが、元気がなくなる・吐く・下痢をする・排便排尿障害・体重減少・腹部の膨張です。膀胱ガンや直腸ガンなどは、血便や血尿があるので比較的早期に発見できます。

治療の方法
ガンを切除し、その後は抗ガン剤を与えるなどの化学療法を行います。膀胱ガン、直腸ガン、子宮ガンなどは、血尿、血便、膣からのおりものがあるため、飼い主が気づきやすく、早期の手術によって治すことができますが、犬のガンの完治は難しいとされています。

お問い合わせはこちら